アイピルは女子の味方になる医薬品です

妊娠をすると女性の身体には大きな負担がかかります。もちろん仕事にも多大な影響が出てしまいますので、できれば妊娠は計画的に行いたいものです。しかし避妊をするためにはどうしても男性の協力が欠かせません。代表的な避妊方法であるコンドームの使用も、男性の同意を得ることが第一条件となります。もし男性がコンドームの使用を拒否すれば、立場の弱い女性の中には渋々ながらもそれに同意せざるを得ないこともあるでしょう。
そこで女性が妊娠によって自分の人生計画を無駄にしないためには、自らが主役となって避妊する方法を覚えておく必要があります。そのために有効な医薬品がアイピルです。アイピルは緊急避妊薬として知られる医薬品です。性行為後72時間以内に服用するだけで妊娠確立をグンと引き下げてくれますので、避妊したい女子にとっての頼もしい味方となるでしょう。
アイピルなどの緊急避妊薬は医療機関で処方してもらうことができます。しかし72時間以内の服用ということを考えると、土、日など医療機関が休みの時には手に入れることができないので不安が伴います。またアイピルは性行為の後24時間以内に服用するとさらに避妊効果が高くなりますので、わざわざ医療機関へ行って処方してもらうよりも常備しておいたほうが利便性は高まるでしょう。
アイピルを常備しておきたい場合は、インターネット上の通販サイトや個人輸入代行サイトを利用して購入するという方法が有効です。ただしこのようなサイトを利用して薬を購入した場合は、身体に何らかの薬の影響が出てしまっても自己責任となりますので注意が必要です。副作用などについてもしっかりと考慮したうえで、慎重に利用するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る