アイピルを服用するなら禁煙がおすすめ

妊娠を希望していない場合は、妊娠を避けるため、避妊をしっかりと行っておくことが大切です。
そして、避妊のためには避妊具や低用量ピルなどが役立ちますので、活用していきたいですが、それだけで完全に避妊ができるというわけではなく、時には避妊具を付け忘れる、破損してしまう、ピルを飲み忘れてしまうなどのミスが起こる場合もあります。

こうした場合もアイピルのようなアフターピルを飲んでおくとかなりの高い確率で妊娠を防ぐことができます。
この場合もできるだけ早く飲むことが大切ですので、早めに婦人科などに相談し、処方してもらいましょう。

そして、アイピルを服用する場合もやはり注意しなくてはいけないことがあります。
まずアイピルはタバコとの相性が良くない薬ですので、喫煙者の方は気をつけたいところです。
喫煙しながらピルを服用すると血栓症のリスクも高まってしまいますので、こうした薬の利用を考えているなら禁煙の努力も行っておきたいところです。

血栓症は血液の中で血の塊ができて血管を塞いでしまう症状です。血栓はケガをしたときなどの止血に役立ち、通常は役割を果たすと溶けてなくなるものですが、血液の流れが悪いと血栓が流れずに血管内を詰まらせてしまうこととなります。

場合によっては脳梗塞や心筋梗塞などの原因となってしまいますが、タバコは血流を悪くする原因となります。
1日15本以上の喫煙がある場合はピルは禁忌となっていますので、避妊目的で飲んでいる場合もホルモンのバランスを整える目的であっても、やはりタバコは控えておきたいところです。

禁煙はピルを安全に飲むためだけではなく、美容にも健康にも役立つものですので、喫煙の習慣のある人はまずは本数を減らしていくなど禁煙にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る