• アイピルと子宮腺筋症と殺菌について

    2017年6月4日

    子宮腺筋症というのは子宮内膜に似た組織が子宮の筋肉の層にできてしまうという病気のことであり、子宮内膜症の場合は子宮以外の場所に組織ができますが、子宮腺筋症の場合は子宮にできるという特徴があります。ちなみに、子宮腺筋症は子宮筋腫とも似ていると言われています。しかし、筋腫の場合はこぶができても腺筋症の場...

    記事の続きを読む

  • アイピルと殺精子剤のリスクについて

    2017年4月23日

    アイピルというのはアフターピルの一種であり、女性が服用することで緊急的に避妊することができます。避妊方法というとコンドームをイメージする人も多いでしょう。しかし、相手がコンドームをつけてくれないこともありますし、途中で外れてしまうこともあります。そのまま性行為をすると妊娠の恐れもあるため、女性がきち...

    記事の続きを読む

  • アイピルを服用するなら禁煙がおすすめ

    2017年3月23日

    妊娠を希望していない場合は、妊娠を避けるため、避妊をしっかりと行っておくことが大切です。 そして、避妊のためには避妊具や低用量ピルなどが役立ちますので、活用していきたいですが、それだけで完全に避妊ができるというわけではなく、時には避妊具を付け忘れる、破損してしまう、ピルを飲み忘れてしまうなどのミス...

    記事の続きを読む

  • 低用量ピルを飲み忘れたら高品質のアイピルで対策

    2017年2月9日

    避妊目的で低用量ピルを飲んでいる女性は意外と多いようです。毎日規則正しく飲むことで、ほぼ妊娠を防げますし、月経障害などの軽減もあって服用している方も多いようです。後者が理由で飲んでいる場合、1日くらい飲み忘れがあっても大したことはないですが、避妊目的での服用の場合、飲み忘れて性行為に及んだ場合が問題...

    記事の続きを読む

  • アイピルは女子の味方になる医薬品です

    2017年1月7日

    妊娠をすると女性の身体には大きな負担がかかります。もちろん仕事にも多大な影響が出てしまいますので、できれば妊娠は計画的に行いたいものです。しかし避妊をするためにはどうしても男性の協力が欠かせません。代表的な避妊方法であるコンドームの使用も、男性の同意を得ることが第一条件となります。もし男性がコンドー...

    記事の続きを読む

  • アイピルの名前と個人輸入について

    2016年11月26日

    アイピルはアフターピルの一種であり、緊急的に避妊をするための薬となっています。この薬の名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。ピルというと一般的には低用量ピルが多く利用されているのですが、避妊に失敗してしまった場合はアフターピルを服用する必要があります。アイピルのようなアフターピルは性行為の後...

    記事の続きを読む

  • アイピルを使っても生理が来ない場合は病院へ

    2016年10月25日

    アイピルは、アフターピルの1種で、避妊に失敗をした時の緊急避妊薬として使われる薬です。 日本では、2011年、レボノルゲストレルという、黄体ホルモンを主成分としたアフターピルの処方が産婦人科で許可されており アイピルはそのジェネリック医薬品です。 その効果は、精子が子宮頚管に侵入するのを防いだ...

    記事の続きを読む

  • アイピルの価格相場

    2016年10月13日

    アイピルは、2011年日本で処方が許可された緊急避妊薬レボノルゲストレルのジェネリック医薬品です。 インドは、医薬品の製造工程に特許が認められていませんので、先発品の特許が切れる以前にその医薬品と同じ成分の医薬品を製造販売する事ができます。この制度により発展途上国でエイズにかかった人達の治療薬を安...

    記事の続きを読む